これまでの山猫式アウトリーチ

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
Photo by Scale Laboratory/ST spot ※無断転載禁止

山猫団では、公演活動の他に、主に子どもを対象とした普及活動を行っています。

ヨーゼフ・ボイスが提唱した「社会彫刻」の概念に共感し、舞台作品を上演する事だけでなく、活動を通して出会った人たちとの関わり方、参加者の心の変化などの全てを山猫団の活動と捉えています。

小・中・高・特別支援学校・児童養護施設などでダンス・音楽・美術のワークショップ(アウトリーチ)に加え、2016年春より川崎市麻生区にて市民向け定期ワークショップを開催しています。

山猫式文化教室はこちら

●公共ホール現代ダンス活性化事業(通称:ダン活)
平成30年度~令和3年度  登録アーティストに選出されました。(長井江里奈)
一般財団法人 地域創造

・事業実施ホール
兵庫県 神戸市  神戸アートビレッジセンター
福岡県 宗像市  宗像ユリックス
石川県 野々市市 カメリア
愛知県 小牧市  小牧市市民会館
岐阜県 岐阜市  岐阜市民会館

 
●山猫式アウトリーチ実績
2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年

2021年

オリンピック・パラリンピック教育推進事業
2月 東京都 八王子市

小学校3年生2クラス向けに、鑑賞と体験をセットにした体験型ワークショップを実施。
(長井江里奈・北園優・鈴木綾香)
体育館のあちこちに隠れた山猫団を子どもたちが呼ぶところから始まり、ショーイングの中に出てくるゴムくぐりやピアノに合わせたダンスを子どもたちも体験。
年齢や理解度に幅がある中で、言葉による説明をほぼ使わずに見て楽しむ・真似して楽しむバリアフリー型プログラム。
片方のクラスの先生が当日誕生日だったため、ろうそくになった子どもたちを先生が吹き消
す「バースデースペシャル」を最後に追加。
もう片方のクラスは鬼に見られないようにダンスパーティーをするという「節分スペシャル」を追加。
感染症対策のため、ドアや窓を開け放った極寒の体育館で汗をかくほどの盛り上がりを見せました。

主催:東京都
コーディネート:特定非営利活動法人 芸術家と子どもたち