踊りの為に

希望ホール×荘銀タクト鶴岡 連携事業
『Dance Connect Shonai』
荘銀タクト鶴岡2021年度自主事業
【Dance!Dance!TACT!】

2022年2月12日(土)
荘銀タクト鶴岡

2021年1月の緊急事態宣言下でわずか一週間で作り上げた神戸アートビレッジセンターとの協働作品「それでも踊る」をリクリエーション、鶴岡オリジナルバージョンとして上演します。

詳細はこちら

それでも踊る

公共ホール現代ダンス活性化事業
「それでも、踊る」

2022年3月5日(土)
小牧市市民会館

2021年1月の緊急事態宣言下でわずか一週間で作り上げた神戸アートビレッジセンターとの協働作品「それでも踊る」をリクリエーション、小牧オリジナルバージョンとして上演します。

詳細はこちら

山猫式文化教室

人はみんな違います。
違う人たちが一緒にいるとぶかったり摩擦が生まれたりしますが、それらは正しい・間違っているという分け方では解決できません。
ダンスを通して正解のない表現を学び、様々な問題を柔らかくほどくための「創造力」「想像力」を広げます。

川崎市内で毎週市民向けダンスワークショップを開催中です。

詳細はこちら

山猫団とは

ダンサー長井江里奈の発案により、2013年3月結成。
ダンサー、音楽家、絵描き、造形作家、デザイナー、照明家、音響、 舞台監督、
衣装作家、写真家から成る舞台芸術団体。
ステージ・客席を含めた空間美術から、イラスト・ダンス・音楽・芝居まで すべて自家製で、「扉の向こう」に幻の時間と空間を作り出す。

「どこかの誰か、ではなく、あなたのため」

詳細はこちら